スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

まったりSunday Morning

日曜日の朝。

振り返れば、重ねた布団の上で昼寝(朝寝?)をする犬。






こんな顔と、こんな垂れ耳と
こんな茶色と白のもさもさが
側にいる。

ただそれだけで、
こんなに嬉しい。







昨日の午後やっと、チョコやんのソロ散歩に挑戦した。



退院当時は腕も不気味なくらい痩せ細っていたし ゆっくりゆっくりしか歩けなかった。

日々のリハビリ筋トレ&ヨガで
筋肉も体力も順調に戻ってきている。


ようやく、チョコやんの元気な引っぱりにも負けない自信がついたよ!


で、愛犬との散歩はどうだったかって?


松かさ三昧です、以前と変わらず。。

もりもり

モテモテの点滴台(笑)
3つあったメインの点滴のうちの2種類と 抗生剤にステロイド。 病院は、身体の修理工場だった!

彼も、元気元気。

久々の主役登場。



側にいるだけで元気にしてくれる愛おしい存在。


相変わらずカメラの前では微妙な表情やけど。。




長い間、お利口に留守番してくれてました。

彼は状況の変化をよく理解し、素早く順応してくれる。
我が愛犬ながらよくできた犬だなと感心、感謝。

そして、忙しいのにしっかりチョコの面倒を見てくれた父母。
本当にありがとう‥!


50日ぶりの再会の様子は、またいつかの更新で(たぶん‥)




ここ数日、すっかり寒くなったので
みなさんもどうか体調に気をつけてね。

季節を飛び越えて、ただいま。

お久しぶりです。 まだまだ夏の空気が残る9月下旬の日に 体調不良を訴えるような文章を残したまま 島もブログも長い間留守にしてしまった。 今年も残すところ一月と少しになった11月の日。 やっと帰ってこれた。 ただいま。 心配してくれていたみなさん ごめんね。 既に察してたかもしれないけれども 行き先は、病院。 初めての入院を経験してきました。 高松市の病院で予約が取れていたよりも早く身体の衰弱が進んでしまったため 緊急外来に駆け込むことになり、そのまま入院。 検査の結果、やはり潰瘍性大腸炎だった。 8月に受けた検査では断定できない程度だったのに 入院直後の内視鏡で見た大腸の中は隅から隅まで真っ赤に腫れ上がり 潰瘍やびらんだらけになっていた。 生まれて初めての入院は50日間。 うち28日間は点滴台を相棒に。 50日間病院で過ごした時間は、また私を変えてくれた。 長かったし失ったものも色々あるけど 代わりに得たものはそれ以上に多くて。 空元気でも強がりでもなく素直に この入院は貴重な経験だったと考えているし 以前は見えなかった沢山の大切なことや存在に気付くことができて 今の私は、これまで生きてきた中で最も穏やかで幸せだよ。 自分ひとりの力では、決して越えられなかった50日間。 乗り越えて今の場所へたどり着かせてくれた全てに感謝。
入院中応援や祈りで支えてくれたみなさん お見舞いに来てくれたみなさん ブログの更新が途絶えて心配してくれていたみなさん。


みんなの存在も、もちろんその中に含まれています。 本当にありがとうございました。