いづみ公園










福田のいづみ公園へ行ってみた。

平日の午後、桜の花はまだ大半が莟で
人は誰もいなかった。
桜の木の下に座りシルバーバーチの本を読んだ。

ここは昨年秋に関西から霊仲間たちが
訪問してくれたときに待ち合わせをした場所。
みなさんお元気かな。

四月になり、外はもう紛れもなく春。
春の日差しは明るく陽気だが半透明な感じ
乳白色をしているように思う。
桜の花びらのような、淡く優しい色合い。
透き通り研ぎすまされた冬の空気が生まれ変わったように繋がる春。
冬の間に流した涙が柔らかい春を連れてきたのだろうか。

ミルキークォーツという石があるのだが
最近この石を見る度に
春の光りの色だなと思う。

私は冬の間、この美しい石に自分の苦悩をぶつけ
色んなところに何度も投げつけた挙げ句
畑に放り投げてしまった。
野菜に菜の花が咲き始め、収穫していたら
小松菜の根元に落ちていたのを見つけ、また拾い上げたのだった。
何カ所か傷がついていたが、柔らかな乳白色の塊から感じるものは
変わらず優しい温もりだった。





人気者

本人は全然知らないと思うけど この人? の写真を載せると、何よりも喜ばれるのです。 人間から愛され大事にされるのが当然だと思っている犬。 と言うか、それ以外の状況を知らない犬。 飼い犬、飼い猫、全ての動物たちがそうあってほしい。 そうなってほしい。 ...